地方でも活用方法がたくさんある、レンタルスペースについて

>

レンタルスペースの提供企業紹介など

各種企業紹介

貸し会議室やレンタルスペースなどの検索サイトとして参考となるかもしれないサイトとして、「スペなび」を挙げておきます。
「スペなび」は、貸し会議室やレンタルスペースの物件情報を、豊富なテキストや写真とともに検索、確認できるだけでなく、利用場所や利用時間などからでも検索が可能で、そしてそのまま合致する時間やスペースがあれば、予約まで完了できるというサイトとなっています。
都心だけでなく、地方のスペースも対応しており、探しやすく、使いやすいサイトです。
また、「スペースマーケット」も同じように使うことができるサイトなので、あなたのニーズを満たすことができるかもしれないサイトとして挙げておきたいと思います。

トラブル回避

「トラブル回避」と項に記しましたが、自分でレンタルスペースを開くという「ビジネス」的な部分も含めた解説をここでは行いたいと思います。
例えば、すでにレンタルスペースが多数存在する場所に新たにレンタルスペースを用意しても、利益が見込めないように、レンタルスペースはその展開場所の地理的状況、あるいはニーズによって利益が左右されるビジネスですので、スペースを開く前に「市場調査」が必要になります。
これをおろそかにすると、誰にも使ってもらえないばかりか、たまり場か何かと勘違いしたお客さんによってルールやマナーを守らない使い方をされ、トラブルの原因ともなりかねません。
不動産投資に近いものの考え方とはなりますが、トラブル回避のためにも、レンタルスペース設置の前の市場調査はとても大切なものなのです。
もちろん利用者側は「禁止事項、遵守事項」は必ず利用前に目を通しておくことが大事です。


この記事をシェアする